「賃貸生活の聖書」で賃貸探し!

当サイト「賃貸生活の聖書」は、賃貸について調べている人へのお役立ち情報サイトです。
豊富なサイドメニューを参考にして貴方の賃貸探しにお役立てください。

 

もし東京や大阪などといった都心部で賃貸を探しているのでしたら、まずは自分の住みたいエリアの不動産屋へ行きましょう。
地方でも探すことは出来ますが、より良い賃貸と巡り合う為には現地に行くのが最も賢い選び方となります。賃貸には各地域毎に相場が存在していますが、雑誌やインターネットなどで公開されている相場が正しいとは限りません。
確かに参考にはなると思いますが、実際に不動産屋に言って相場を確認してみることが大切です。

 

最近ではインターネットを利用することによって、とっても簡単に自分の求める賃貸物件を探すことが出来ます。
最終的には担当の不動産屋に連絡をすることになりますが、その電話対応が悪かったらそこを利用するのは避けましょう。




賃貸生活の聖書ブログ:19-11-12
あたしはパパ大好きっ子です。
もし、親に相談することがあれば、
相談はお母さんではなくパパにするくらいです。

そんなパパは
どちらかと言うと世話好きなおばちゃんって感じで、
いつも人の心配をしているような人です。
それでいて、無邪気で、でも男の背中も見せてくれます。

普段は甘えん坊で、
天然ボケみたいなところもありますので、
どちらかと言うと邪険に扱っております。

…が、そんな愛すべきキャラの
パパの強さと悲しさを見たことが何度かあります。

それは祖父が亡くなった時のこと。
あたしが幼稚園のときでした。

当時のあたしは
パパの置かれていた環境は知るはずもありませんが、
その時パパは
「泣いていない」のに「泣いて」いました。

祖父は心臓病だったのですが、
あたしたちは、運良く死に目に会うことが出来ました。

なぜ、運良くかといいますと、
パパと祖父は仲たがいをして
長いこと会っていなかったからです。

パパと祖父が和解したのは、
祖父が亡くなった時なのです。
あたし自身も祖父に会ったのは、その最後の1、2回だけです。

最後の最後で自分のパパと分かり合えたのに、
これで永遠のお別れなんて…

でも、男として涙をこらえていたんでしょうね。
子供ながらにひしひしと感じるんです。
この人の心は泣いているなって。号泣してるなって。

その時、
とりあえず子供たちは外にいなさいと言われたのですが、
その悲しみの大きさを感じて、返事も出来ずに何も言えずに、
あたしは固まっていました…

人はこんな時、
誰でもそんな風にしてしまうのかもしれませんが、
あたしは父の中に大きさを感じました。



賃貸生活の聖書 モバイルはこちら